>  > 出稼ぎ風俗についてしまった悪いイメージ

出稼ぎ風俗についてしまった悪いイメージ

時は流れて21世紀になると、出稼ぎのイメージはガラッと変わります。時代が違うということもありますし、法が改定されて以来は出稼ぎ=危ないイメージではなくなったようです。その発端は2000年初期に北関東エリアのヘルス風俗店が出稼ぎでの求人募集を始めたのがきっかけです。そのヘルス風俗店は家がない女の子や都内や他の店舗で採用を断られた女の子、稼げない女の子など問題のある女の子も積極的に採用し始めたのです。都内や都市の風俗店働けなかった女の子にとっては朗報でしか有りません。働きたかった仕事が出来るのですから、出稼ぎでも行くほかありません。そういった女の子が出稼ぎ風俗店の求人に積極的に応募することにより、今までの悪いイメージを少しずつ払拭されていったのではないでしょうか。当時の風俗スカウトマンは女性の面接に同席することが多く、都内や地方でも土地勘のない所に女の子を一人で行かせるようなことはしていませんでした。その為、交通費や諸費用が嵩むが確実に女の子を面接まで持ってきてくれるスカウトマンは高い評価を得ており、風俗店からまとまった金額を頂き、風俗店へ勧誘する動きも活発していたといいます。その当時ですでに出稼ぎ風俗は定着しており、風俗業界の中ではメジャーな業態になっていっていきました。この北関東の風俗店が行っている出稼ぎ受け入れから出稼ぎブームの兆しが見られるようになり、都内や都心で働けない女性にとっては住む場所や働き先を提供してくれる風俗店は願ってもない好条件な職場で、当時は出稼ぎを希望する女性で殺到していたといいます。また、出稼ぎで風俗店に勤務した女の子が大金を稼いで都内に帰ってくることにより、箔がつくようで歓楽街では自身のステータスになっていたとも言われています。出稼ぎを経験する女の子hが増えることにより、どんどん出稼ぎに対しての不信感や悪いイメージは払拭されていきました。また、田舎に働きに行くというのは昔はマイナスのイメージだったのがその意識も薄れていき、田舎に出稼ぎをしにいく抵抗感も薄れていきました。少し前まではブスやデブや不細工な女の子が出稼ぎに行って、可愛い女の子や美人な女の子は都内で働けるイメージだったのですが今ではそんなイメージはほとんどありません。風俗に対する考え方も変化してきたと感じておりますし、風俗店も多種多様なジャンルで運営することにより、働く女性の幅も広がり色んな女性が風俗業界に足を踏み入れています。

[ 2016-02-09 ]

カテゴリ: 求人体験談

風俗・デリヘル 出稼ぎでお悩みの女の子が読む四国/高知の求人情報